メンバー

Representative Director,YUKIO FUJII

当社代表取締役として、会社の経営全般のほか、私募リート運営全般を統括。2006年(株)フージャースコーポレーション入社。2015年9月より2023年12月末まで株式会社フージャースアセットマネジメントの代表取締役として不動産投資事業における経営判断に従事。そのほかフージャースグループにおいて不動産開発事業を中心に担当。

Private Fund Division
Managing Director,TATSUYA SATO

当社取締役として、会社の経営全般のほか、新規ファンドの企画、スキームのストラクチャリング、インベスターマーケティング、投資案件のソーシングを統括。2000年(株)クリード入社。不動産売買仲介及びリーシング業務に携わったのち、2001年より一貫してアセットマネジメント業務に従事。クリードグループの全不動産私募ファンド(アセット総額2,464億円)のアセットマネジメントを統括。2010年にMBOを行い、クリード不動産投資顧問(株)よりVermilion Capital Management(株)に社名変更。2012年より東南アジアに進出し、投資案件のソーシング及び投資運用を行う。2017年にフージャースグループに合流し、国内外の機関投資家等の資金を預かり、様々なタイプの不動産に投資、運用している。

Private Fund Division
Director,MASATAKA NOGI

ファンドマネジメントユニットのディレクターとして、新規ファンド組成のための投資案件のソーシング、バリエーションおよび投資判断・分析、並びにファンド組成後の物件運用を担当。

2007年より国内・国外投資家の私募ファンドの運用に携わる。

2010年にポラリス・インベストメント・アドバイザーズ(株)(現SBIリートアドバイザーズ(株)の取締役に就任し、投資運用部⻑として日本リート投資法人の立ち上げ及び運用に携わる。その後、2014年4月に日本リート投資法人を上場し、三回のPOを通じ、資産規模約2,500億になるまで、取締役として運営に関与。

Private Fund Division
Senior Vice President,TERUHIKO NAGAI

当社においてはファンド事業のキャッシュマネジメント及びファンドアドミニストレーション業務に従事。

大学卒業後、総合リース会社、外資系不動産金融機関、国内金融機関において、30数年間一貫して不動産金融関連ビジネスに携わり、幅広い業務経験と知識を有する。JREITの国内創成期にはグローバル・ワン不動産投資法人の立ち上げに参画し、2003年の上場を挟んで約6年間のオフィスビル運用業務に従事。

東京スター銀行入社後における13年間では、ノンリコースローンファイナンスのオリジネーション及び審査業務に従事したほか、オリックスとの合弁企業の代表として事業再生回収業務にも従事。